このページの先頭です

格安SIMはお得なの?!メリットやデメリットなどを詳しく解説

243views

投稿日:

格安SIMのメリットについて

月額利用料金が安い

大手キャリアが提供している通信サービスを利用すると、平均6000~8000円程度の高額な月額利用料金が発生します。さらに利用するオプション内容によっては、月額利用料金が1万円を超える場合も少なくありません。しかし、格安SIMを利用した通信サービスを利用する場合は月額利用料金が平均2000~3000円程度のため、大手キャリアから格安SIMに乗り換えることで年間に5~10万円程度のスマホ代を節約できます。

2年契約がない

大手キャリアが提供する通信サービスを利用する場合は、スマホの購入代金や月額利用料金などが割り引かれることと引き換えに、2年間の長期契約を結ぶ必要があります。そしてサービス内容などが不満で他社に乗り換えたい場合に契約を解除すると、高額の違約金やスマホの購入代金の残金などを要求されます。そのため解約したくてもできないケースが多く、こうした状態が「2年縛り」と呼ばれて問題視されています。

2016年からは2年縛りが存在しない新しい料金プランが用意されていますが、代わりに月額利用料金が高くなるため、短期間で解約しないと2年縛りの違約金を支払う場合よりも支出が多くなるというデメリットがあります。しかし、格安SIMの通信サービスには2年縛りがなかったり縛りが適用される期間が大幅に短いため、もしサービス内容が不満でも気軽に解約できるので安心して利用できます。

料金制度がシンプル

大手キャリアが提供する通信サービスには、細かい項目別に分けられた様々な料金プランが存在します。しかし、一般の方々には契約内容が複雑すぎて理解しにくく、どの料金プランを選択すれば良いのか分かりにくいといった問題点があります。

しかし、格安SIMを利用した通信サービスに用意されている料金プランは大手キャリアと比較すると非常にシンプルなため、契約内容をしっかりと理解した上で自分に合った料金プランを選択できるといったメリットがあります。

スマホ依存を改善できる

スマホを持っていることが当たり前の時代になったことで問題視されているのが「スマホ依存」です。いつも肌身離さずスマホを持っていないと不安な気持ちになったり、長時間の使用が原因で視力の低下や肩こり、頭痛などの体調不良が起きやすくなります。さらにスマホゲームに依存して高額の課金を行ってしまうケースが多いことも社会的に問題視されています。

こうしたスマホの長時間利用を支えているのが大手キャリアが提供する大容量の高速通信サービスです。しかし格安SIMを使った通信サービスは月額利用料金が安いことと引き換えにデータ容量の制限が行われているため、スマホ依存の方が際限なく通信サービスを利用すると、すぐに通信速度制限が適用されます。そのため、半ば強制的にスマホ依存から脱却できます。

格安SIMのデメリットについて

通信速度が安定しない

MVNOは大手キャリアが保有する通信設備の一部を借りることで格安SIMを利用したデータ通信を提供しています。そのため、通信設備の大半を利用している大手キャリアと比較すると、一部しか使用していない格安SIMの通信速度は不安定になりやすいというデメリットがあります。とくに早朝や深夜などのデータ通信を利用する人々が多い時間帯に通信速度が低下しやすくなります。

初期設定を自分で行う必要がある

大手キャリアで購入したスマホの場合は、通信サービスを利用するために必要な初期設定があらかじめ済ませてあります。しかし格安SIMを利用する場合は、契約後にMVNOから郵送されてくるスマホの初期設定が行われていないため、スマホを受け取った後に自分で開通手続きなどの初期設定を行う必要があります。

サポート体制が大手キャリアより薄い

大手キャリアは全国各地にサービスショップを展開しています。そのためトラブルが発生した場合や契約内容を変更したい時などは、サービスショップの店頭の窓口でスタッフに相談できます。しかし、格安SIMを提供するMVNOの場合はこうしたサービスショップを持っている会社が少ないため、大手キャリアの通信サービスを利用する場合と比較するとサポート体制が不十分というデメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です