このページの先頭です

大手キャリアはもはやぼったくり?格安SIMの魅力について

1531views

投稿日:

スマホ料金が高い!格安SIMっておトクなの?

大手キャリアがぼったくりに思えてきました!

スマホ依存ではないにしても、現在スマホ料金の高さに悩んでいる人は多いと思います。そのほとんどが、docomo、au、Softbankという、大手キャリアと契約しているケースではないでしょうか。この3大キャリアと契約している場合、安くても月々7,000円ほどのスマホ料金がかかります。

しかし、通称・格安SIMと呼ばれているMVNO(仮想移動体通信事業者/Mobile Virtual Network Operator)に乗り換えれば、大幅にスマホ料金を節約することが可能になります。この格安SIMとは何なのか、解説していきます。

格安SIMとは

格安SIMとは、独自の回線を持たず、大手キャリアの回線を利用させてもらうことで、料金を抑えつつ、大手キャリア並みの通信サービスを提供している事業者のことです。つまり、回線という維持・運用に莫大な費用がかかるインフラを、自前で持たずにレンタルしているため、驚くような安さを実現できるというわけなのです。

格安SIMは、大体どのくらいの月額料金で利用できるのかというと、大まかには2,500円くらいと考えるといいでしょう。最安の場合では月々500円くらいからサービスを利用できるのですが、必要な通信容量やオプションなどを考慮すると、大体2,500円くらいに落ち着くことが多いのです。

実際に格安SIMに乗り換えるにはどうすればいい?

具体例:LINEモバイルに乗り換える場合

実際に、大手キャリアから乗り換えたいと思った場合はどうすればいいでしょうか。これについては、まずご自分が契約している大手キャリアの回線を利用しているMVNO(格安SIM)を調べて、それぞれを比較してみるといいでしょう。具体例を挙げると、MVNO(格安SIM)のLINEモバイルは、docomoの回線を利用しています。

そのため、例えばdocomoと契約してiPhoneを利用しているユーザーは、使っているiPhoneはそのままで、LINEモバイルに乗り換えることができます。LINEモバイルでSIMカードだけを契約して、docomoのSIMカードと入れ替えるだけで、乗り換えができてしまうのです。さらに、LINEモバイルの利点を述べると、トークアプリのLINEに関わる通信料が無料になります。

これはLINEモバイルだから当たり前ですね。さらに、人気SNSであるFacebook、Twitter、instagramに関わる通信料が無料になるオプションもつけることができ、それでも月々の料金は2,500円ほどで済みます。いくらdocomoの回線を利用しているとは言え、このコスパはすごいの一言です。これなら、たとえスマホ依存でも、通信容量を気にすることなくSNSを楽しむことができますね。

auとSoftbankから乗り換えるには?

auの回線を利用しているMVNO(格安SIM)には、mineoとUQモバイルがあります。こちらについても、LINEモバイル同様、かなりリーズナブルなお値段で利用することができます。この2社の簡単な料金比較の例を挙げると、mineoは5GBで2,190円、UQモバイルは、6GBで2,980円等で利用することができます。

最後にSoftbankですが、こちらについては残念ながら、今現在ユーザーが使っているスマホのまま乗り換えられるMVNO(格安SIM)が現状ないようです。その理由として、Softbankから他社に乗り換えるためには、SIMロック解除が必要になるのですが、SoftbankにはSIMロックできるスマホが極端に少ないのです。

そのため、どうしても乗り換えたい場合は、現状ではMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)予約などで、解約して乗り換えるしかありません。ただ、朗報としては、総務省がSIMロック解除をしなくても他社に乗り換えられるように、ガイドラインに定めたというニュースがあります。早ければ2017年のうちにも乗り換えられる可能性がありますので、Softbankユーザーの人は、もう少し待って様子を見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です