このページの先頭です

格安スマホを買える場所は?それぞれの特徴を比較!

428views

投稿日:

格安スマホを買える場所

格安スマホを買える場所は主にネット、家電量販店、MVNO直営店の3つです。それぞれ特徴が異なるため、良く比較検討したいところです。

購入先で比較

ネットの特徴は?

MVNOのホームページなら格安スマホと格安SIMとをセットで購入することが可能です。MVNOでは大容量バッテリーのスマホ、スタイリッシュなデザインのスマホ、ハイスペックなスマホなどいろいろなラインナップを揃えています。スマホ依存の方は大容量バッテリーのスマホなど、使用シーンに合ったものを選ぶことが可能です。

自宅に届いてから格安SIMを差し込む手間がない、面倒なAPN設定は不要という点も大きいです。一括払いでは厳しいという時でも分割払いが出来るMVNOが多いために安心です。30,000円ほどのスマホでも24回の分割払いなら月々1,400円ほどの支払いで済むのです。格安SIMの月額料金が安いため、分割払いの料金がプラスされても負担は少ないです。

ただし分割払い手数料が発生するため、余裕のある方は一括払いした方が良いです。MVNOで取り扱っているスマホに限られるため、必ず欲しいスマホがあるという保証はありません。

ネット通販で購入

その他、ネット通販でSIMフリースマホを購入するという方法もあります。Amazonなら取り扱いのSIMフリースマホが多いため、欲しいものが見つかる可能性大です。Appleやシャープ、フリーテル、ASUSTekなど好みのブランドで検索することが可能です。ネットなら24時間いつでも注文出来ます。店舗に出かけるといった手間は掛かりません。

ただしネットでは実機を見て触って確かめるといったことは出来ません。届いてから後悔しないよう、良く考えてから注文したいところです。その他に注意したいのが送料の負担です。Amazonが発送する商品なら2,000円以上の注文で送料は無料です。スマホで2,000円以下という商品はほとんどないため、実質送料無料で注文出来ます。しかし出品者が発送する商品の場合は送料が掛かることがあるため、事前に確認してください。

家電量販店とMVNO直営店の特徴は?

家電量販店とMVNO直営店で共通しているのが、実機を見てから購入出来るという点です。どんなスマホなのか店員に質問することが可能なので、初めてスマホを持つ方でも安心です。スマホのラインナップは家電量販店の方が豊富です。MVNO直営店では選択肢が限られるものの、それ程スマホにはこだわらないという方なら特に問題はありません。

しかし比較したいという時はいくつかのMVNO直営店を回らないといけないです。比較したい時は家電量販店の方が便利です。大手の家電量販店なら全国展開しており、多くの地域に店舗があります。最寄りの店舗に行くだけ、手間を掛けずにスマホを購入することが可能です。家電量販店と比較するとMVNO直営店の方が少ないです。都市部に住んでいる人なら近くに店舗があっても、地方に住んでいる人は店舗が遠方という場合があります。

故障した時は?

格安スマホを利用する上で気になるのが故障した時です。MVNO直営店なら端末補償というオプションが付けられます。自然故障や水濡れといったアクシデントがあっても、交換出来るために安心です。特に高額なスマホを購入した時は付けたいオプションとなっています。端末補償を付けていなくても、MVNO直営店に持参すれば修理することが可能です。

中には代替スマホを用意するMVNO直営店もあり、修理中にスマホが使えなくなると困るという方でも安心です。しかしSIMフリー端末だけ購入した場合、故障した時の修理依頼が面倒になることがありました。家電量販店に持参しても代替スマホはありません。そのためスマホ依存の方だと困ることがありました。家電量販店でSIMフリー端末を購入すると故障した時が面倒なため、新しい格安スマホに買い替えることが多くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です