このページの先頭です

格安SIMの比較方法|サイズ・タイプ・料金プラン・オプション

346views

投稿日:

自分に合った格安SIMを見つけるには

近年、これまで主流だった大手携帯キャリアに比べ安価に通信回線が契約できることで注目を浴びているのが格安SIMです。これを提供するMVNOと呼ばれる事業者も数を増やしつつあり、それぞれが提供するプランやその特徴はさまざまです。大手キャリアのプランと比べ、利用者それぞれの使い方や目的に合わせて必要な機能を選び、利用料金の無駄をなくせることが格安SIMの大きな魅力といえます。

しかし、そうしたスマートな使い方ができる反面、どのMVNOのどういったプランが自分に最適なのか、ということを見極める必要があるのが格安SIMの特徴です。

自分が目的とする使い方と各MVNOの提供するプランそれぞれの特性を理解し、格安SIMを賢く使うためにはそれぞれのプランをさまざまな面から比較することが役立ちます。契約のタイプやプランといったいくつかのポイントから、格安SIM契約の比較をする方法をここで解説します。

格安SIMを比較するときのポイント

サイズ

現在、SIMカードは主に以下の3種類が使われています。

  • miniSIMカード
  • microSIMカード
  • nanoSIMカード

これらは単純にSIMカードのサイズで区分されているもので、機能そのものに違いはありません。miniSIMカードが最も大きく、nanoSIMカードが最も小さいものとなっています。microSIMカードはその中間です。

SIMカードは時代とともに小さくなってきており、現行の最新機種はnanoSIMカードを使用しているものがほとんどです。一部の低価格SIMフリー端末においてはminiSIMカードが使われていることもあり、端末によっては注意が必要なことがあります。

基本的に端末の対応しているサイズと異なるSIMカードを使うことはできないため、契約した格安SIMのカードがminiSIMカードだったのに対し用意した端末がnanoSIMカード対応だったという場合には使用することができません。

タイプ

主な格安SIMの契約タイプは、データ通信専用のものと音声通信にも対応したものの2種類です。データ通信専用のものは、メールやインターネット接続などのモバイルデータ通信のみが可能で音声通話ができないタイプです。対して音声通話対応のものは、モバイルデータ通信に加え携帯電話番号を使っての音声通話が可能となっています。

音声通話対応の格安SIMは、一般に大手キャリアと比べて通話料金が高く、月々の利用料もデータ通信専用のものと比べ高額になります。しかし、ふだん携帯端末での音声通話を使わないものの、一応の手段として電話をできるようにしておきたい場合には適した契約タイプです。

料金プラン

格安SIMのMVNOはさまざまな使い方に応じた料金プランを提供しています。データ通信量でいえば、チャットやメール、Webサイトの閲覧を主な使い途とするユーザーと、高画質な動画の視聴、写真や動画のやり取りといったことを頻繁に行うユーザーとでは最適なプランが異なります。また、端末を複数持つ場合には1台目と2台目の使い方が異なり、それぞれに適したプランが見つかることもあります。

格安SIMの契約プランは、通信速度は遅くても通信制限のないものから、月20GB以上にもなる高速通信を提供するものまでさまざまです。場合によっては、高速通信を重視しないプランや高速通信の制限が多いプランは使いすぎやスマホ依存への対策にもなります。こうした機能面での制限は、スマホ依存症対策としては単純な心がけよりも強制力があり、有効に働きます。

オプション

格安SIMは大手キャリアのように基本的なプランに多くの機能が含まれる形式ではなく、補助的なオプションやサポートをオプションで追加するという形になっています。そのため、格安SIMを契約する際は料金や通信速度だけでなくオプションでどういった機能が使えるか、という点にも目を向けて比較するべきです。例えば、SMS機能はいくつかのMVNOでは有料のオプションとなっていますが、プランの基本料金に含まれている場合や基本無料となっている場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です