このページの先頭です

格安SIMを上手に使うためには?メリットとデメリット

543views

投稿日:

格安SIMとは

SIMカードについて

SIMカードとは、スマートフォンなどの端末において、モバイル回線を経由して通信をするために必要不可欠なICカードです。これがなければ外出中にスマートフォンを楽しめなくなりますし、大手の携帯キャリアでは最初からSIMカードが導入されています。そのため、このSIMカードを新規に用意するケースはそれ以外からSIMカードを用意した場合となります。

格安SIMとは

大手携帯キャリアのSIMカードと比較すると、安価でインターネットや通話を楽しめる点が格安SIMの利点となります。普段スマートフォンでの通話をほとんどメールで済ませている方や、インターネットを楽しむことを主目的にされている方には特にメリットの大きい方法となります。

格安SIMへの移行

今何らかの携帯キャリアと契約されている方でも、格安SIMへ移行することは可能です。電話番号なども変更する必要がないため、気軽に格安SIMをお試しすることができます。ただし、移行する前に自分がスマートフォンをどのように使用しているかを確認しましょう。

特にデータ容量に関しては、個々人によって差がつきやすいポイントです。こうした現段階でのスマートフォンの利用状況は、そのまま契約内容にも影響するため、料金で損をしたくないのなら必ず目を通しておく必要があるのです。

格安SIMのメリットとデメリット

料金を安くするために

格安と名がつくだけあって、この格安SIMを求めている方のほとんどが月額料金を安くすることを目的としているはずです。大手携帯キャリアと比べて格安SIMの料金は著しく安くなり、その差は数倍にもなります。これが毎月続くわけなので、継続して使用するほど価格差も大きくなるでしょう。ただし、契約内容には要注意です。スマホ依存の傾向にある方の中には、メールよりも通話を楽しんでいる方もいるでしょう。

それ自体は悪いことではありませんが、格安SIMは料金を安価に抑えている代わりに通話料を高く設定していることが多く、使い方によっては大手携帯キャリアよりも高くついてしまうことも考えられるのです。格安SIMの中には通話料金についても考えられている場合もありますが、基本的には月額料金と通話料金は別料金だと考えておきましょう。

回線で困ることはない

格安SIMということでインターネット回線の品質が落ちるのでは、と思われるかもしれませんが、この点に関しては問題ありません。格安SIMで使用されるインターネット回線は大手携帯キャリアのものを借りているため、品質は今まで使用してきたものと変わりません。回線速度を比較しても差はつきませんし、普段通話ではなくインターネットを主に使用されている方にはピッタリのサービスです。

ただし、通信速度はコースによって異なるため注意しましょう。主に高速と低速が用意されていますが、低速を選ぶと動画鑑賞など読み込みの多いサービスで不満を感じるかもしれません。スマホ依存とまではいかなくても、常日頃から負荷の大きい作業をされている方は要注意です。

設定は難しくない

格安SIMでは設定を自分で行う必要がありますが、この設定自体は難しいものではありません。これまで使用していた端末に契約した格安SIMを差し込んだ後、詳細が記載されている資料を元に設定すれば完了です。見慣れない単語もあるかと思いますが、その意味まで知る必要はありません。

10分ほどあれば完了するため、指示通り設定を完了させましょう。ただし、格安SIMでは主にサポートをメールなどで行っているため、店舗に行って直接アドバイスをもらうことは難しくなります。その点は覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です