このページの先頭です

テザリングって?!いまさら聞けない格安SIMの基本用語を解説

200views

投稿日:

格安SIMの基本用語・1

SIMカード

SIMカード(加入者識別モジュールカード)とは、ユーザー固有の識別情報が登録されたICカードのことです。SIMスロットが搭載されたスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に挿入することで、契約しているMNOやMVNOの通信サービスを利用できます。サイズの異なる「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」という3種類のSIMカードがあり、モバイル端末に搭載されたSIMスロットとサイズが合わないと使用できないため注意が必要です。

格安SIM

格安SIMとは、MVNOが提供しているSIMカードのことです。SIMカード自体はMNOが提供しているSIMカードと比較して大きな違いはありませんが、大手キャリアのSIMカードと区別するため便宜的に格安SIMと呼ばれています。さらにMVNOが提供する通信サービスの総称としても「格安スマホ」と並んで頻繁に使用される名称です。

MVNO

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは、通信回線の一部を大手キャリアから借りて通信サービスを提供している事業者のことです。大手キャリアの通信設備を利用しているため設備投資費やランニングコストなどを料金に反映させる必要がないため、非常に安い月額利用料金で通信サービスを提供しています。

MNO

MNO(移動体通信事業者)とは、主にNTTやソフトバンク、ドコモやKDDI(au)などを指している名称です。また、一般的にはこれらのMNOを「大手キャリア」と呼びます。モバイル端末で通信サービスを使用するために必要な移動体回線網を自前で保有していることが大きな特徴であり、こうした通信設備の一部をMVNOに貸し与えています。

テザリング

テザリングとは、通信機能を使用可能なスマートフォンなどのモバイル端末を、一時的にモバイルルーターとして使用できる機能のことです。テザリングを利用することで、外出中でも自宅で無線LANを使用する場合と同様にノートパソコンなどでインターネットを利用できます。

格安SIMの基本用語・2

MNP

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)とは、現在利用している携帯電話会社との契約を解約して他社に乗り換えた場合でも、現在使用している電話番号を引き続き使用できる機能のことです。MNPを利用することで、乗り換えの際に友人や知人などに新しい電話番号を伝える手間を省けます。ただしMNPを利用する場合は「MNP転出手数料」を支払う必要があります。

通信速度制限

通信速度制限とは、契約している料金プランごとに決められた1ヶ月に使用可能なデータ容量の上限などを超えてデータ通信を利用した場合に、通信速度が大幅に減速される決まりのことです。通信速度制限が適用された場合の通信速度は契約する会社ごとに異なり、簡単なインターネット利用なら支障のない程度の通信速度が出る場合もあれば、ほとんど使用が困難なほど減速される場合もあります。

スマホ依存

スマホ依存とは「スマートフォン依存症」を省略した名称です。常にスマホを触っていないと不安になる過度な依存症状のことであり、長時間スマホ利用することが原因で視力低下や不眠症、頭痛や肩こりなどの体調不良を発症します。また、SNSなどで行っているコミュニケーションが活発になることと反比例して、実生活でのコミュニケーションが減っていくスマホ利用者が多いため問題視されています。

しかし、大容量のデータ通信が可能な大手キャリアの通信サービスから、格安SIMが提供する低容量の料金プランに乗り換えることで症状を改善できるといわれています。

国際ローミング

国際ローミングとは、国内で利用している携帯電話会社の通信サービスを国外でも利用できるサービスのことです。ユーザーが契約している携帯電話会社と提携している会社が、国外の滞在する地域に存在する場合に利用できます。

しかし通信サービスを利用するために必要な料金は国内で利用する場合とは異なり、普段の利用料金に滞在先で利用する通信事業者に支払う料金が上乗せされます。そのため、国内で通信サービスを利用する場合と比較して、非常に高額の通信料金を要求される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です