このページの先頭です

格安SIMは電波が繋がりにくい?間違った理解と正しい知識

416views

投稿日:

格安SIMは大手携帯電話会社の通信網を使用しています

大元の携帯電話会社が同じなら同じ電波を使用しています

格安SIMでは、大手携帯電話会社の基地局と携帯電波をそのまま使用しているので、大元の携帯電話会社が同じであれば、電波状態が悪いという問題は起きません。MVNO通信事業者へ回線提供しているdocomoでは、多くの格安SIMが同じ携帯電話網を利用して通信を行なっており、格安SIMだから電波が届いていないということは有り得ないわけです。

確かに同じ通信方式を採用していても、docomo回線のMVNOよりもsoftbankのMVNOの方が人口カバー率も通信エリアも狭いことは事実です。大元の携帯電話会社の人口カバー率が高い通信会社から低い通信会社の回線網を使った格安SIMに乗り換えたのであれば、格安SIMは電波がつながりにくいと感じても不思議ではありません。

大元の携帯電話会社による人口カバー率の違いによるものだからです。大手携帯電話会社同士であれば、人口カバー率の差はわずかですから、スマホ依存となるほど電波状況を気にしている人以外では、日常的に違いを感じるほどでは無いでしょう。

つながりにくいと感じる原因は帯域幅にある

実際に格安SIMに切り替えて電波がつながりにくいと感じる原因は、スマートフォンが普及した現状では、データ通信で発生していることが多いです。音声通話とは異なり、格安SIMでは通信帯域幅を一括購入して加入者間で共用利用しているので、データ通信時は帯域幅に対して大人数で通信を行っている時につながりにくいと感じてしまいます。

音声通話付きSIMならば、音声通話をテストするとデータ通信がつながりにくいと感じている時であっても、音声通話には支障が無いことからもデータ通信幅が不足している時につながりにくいと感じてしまうわけです。わずかな時間でも乗り換え前と比較してつながりにくいと感じてしまう場合には、スマホ依存となっていないか冷静になって使い方を見直してみると良いでしょう。

SIMフリー端末は対応している通信バンドに制限がある

大手携帯電話会社の端末を再利用すれば通信バンドは関係無い

料金を安くするために格安SIMに乗り換える際には、今まで使用していた大手携帯電話会社のスマートフォンをそのまま利用すると乗り換えやすいです。今まで使用していた携帯電話会社と同じ通信網を利用したMVNOならば、SIMフリー端末を用意しなくてもSIMカードを差し替えてAPN設定を切り替えれば、スマートフォンはそのまま利用出来ます。

スマートフォン端末を買い換えずに利用出来れば、大手携帯電話会社ごとに割り当てられている周波数帯域と通信バンドについて気にすること無く格安SIMを利用出来るので、料金面のメリットを最大限に生かすことが出来るでしょう。

SIMフリー端末がサポートしている通信バンドを確認しよう

格安SIMへ乗り換える時にSIMフリー端末を別途購入する際には、詳細スペックから対応通信バンド帯を確認する必要があります。大手携帯電話会社から販売されているスマートフォンならば、自社で使用している通信バンドと呼ばれる細かい周波数帯域幅をひと通りサポートしています。

携帯電話の周波数は、大手携帯電話会社ごとに細かく割り振られているので、SIMフリー端末でサポートしていない通信バンドでは、データ通信や音声通話が出来ません。

  • docomo   BAND 1/3/6/19/21/28
  • SoftBank  BAND 1/3/8/11

という具合に、同じ通信方式を採用していても、割り振られている通信バンドが異なります。

SIMフリー端末を購入して格安SIMを利用する際には、契約している格安SIMが利用する大元の大手携帯電話会社がどこか確認した上で、必要な周波数バンドをサポートしているSIMフリー端末を用意する必要があります。同じ電波を受信していても、SIMフリー端末がサポートしている通信バンドを比較して購入しなければ、最初から電波をつかめる周波数が少ない不利な状態で使うことになりかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です